卒業式(卒園式) 母親のストッキングの色!黒や柄はNG?寒さ対策は?

卒業式や卒園式

まず洋服やバッグ・靴などで悩み、最終的に「あれ?どうすれば良いのかな?」と不安になるのがストッキングの色ではないでしょうか。

ブラックフォーマルで参列される方が多いかと思いますが、その場合、靴も黒、ストッキングも黒だと、なんだか「お葬式っぽく見えないかな?」と心配になりますよね。

肌色のストッキングだと、季節的になんだか寒々しい感じがするし・・・。

などなど、意外と悩みの種になるのがストッキングの色なのです。

些細なことのようで大きく印象を変えるストッキングについて、卒業式(卒園式)に参列する保護者として、好ましいスタイルはどういうものなのか。

ストッキングの色やマナーや、寒い日の対策など紹介していきますね。

Sponsored Links




卒業式(卒園式)!ストッキングの色にマナーはある?

卒業式に参列される際の洋服の色で圧倒的に多いのが、黒・紺・グレーです。

特に、ブラックフォーマルを着られる方も多いと思います。

その際、ついストッキングも黒を選んでしまいそうですが、黒ではなく、やはり肌色に近い色を選ぶようにしましょう。

黒のストッキングにしてしまうと、全身黒ずくめでお葬式を連想させてしまいます。

黒色がNGというわけではありませんが、肌色に近いストッキングを履くほうが失敗はないと思われます。

黒よりも肌色のストッキングの方が、上品な印象を与えますからね。

 

卒業式のストッキング 柄はNG?

最近は、様々な柄のストッキングがありますが、卒業式では柄物のストッキングは選ばないでおきましょう。

もちろん、網タイツのようなデザインのものや、ラメ入りのものは絶対に避けるべきです!

最近よくある、くるぶし辺りにワンポイントで、小さな柄やスワロフスキーが入っている程度であれば問題ないでしょう。

とは言え、卒業式の主役は子供さんです。

そして、卒業式は入学式と比べると厳粛な式典になります。

保護者が必要以上のおしゃれをする必要はありません。

無地のストッキングで十分ですね。

また、タイツもカジュアルになってしまいますので、やはり肌色(ベージュ)のパンストが好ましいですね。

Sponsored Links




ストッキングだと寒い場合の対処法は?

春といっても、卒業式の時期はまだまだ寒さが気になります。

寒さ対策にタイツを履きたいところですが、上でもお話ししたように、タイツだとカジュアルになってしまうので選べません。

ではどんな対策をすれば良いのか、経験を踏まえて紹介します。

ストッキングの2枚履き

生地が薄いストッキングですが、1枚履きよりも2枚履きにすれば、寒さが緩和されます。

若干、変な模様ができてしまう場合があるので、できれば避けたいところですが、寒さには勝てませんし、タイツをはいてしまうよりはマナー的にこちらをオススメします。

2枚であれば、ストッキングのナチュラルさは、かろうじて残ったままです。

インナーの工夫やカイロのフル活用

上半身の寒さはインナーでなんとでもなりますよね。

問題は下半身。

腰の周りや背中などにカイロを貼っておき、さらには足先用のカイロもありますから、それらをフル活用します。

特に足先は冷えますので、足用のカイロは本当にオススメです。

部分的に貼るものや、中敷きタイプのものなど種類も豊富にありますよ♪

その他

ひざ掛けを持参したり、どうしても寒いと思われる場合は、パンツスタイルにするという方法も考えられますね。

パンツスタイルだと、中にも色々着込むことができますし、パンストに悩む心配もなくなりますね♪

 

さいごに

いかがでしたか?

卒業式や卒園式のストッキングについては、はっきりとしたマナーやルールがあるわけではありません。

しかし、格式高い式典であることと、主役が子供さんであること。

このことをしっかりと認識しておくと、失敗することもないでしょう。

時期的に、日によっては本格的な寒さ対策が必要な場合もありますので、なんとか工夫して乗り切りたいところですね!

お子様の成長ぶりに感動するあまり、意外と寒さなんて気にならないかもしれませんけどね(..◜ᴗ◝..)

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ