スエードブーツのお手入れ方法!ひと手間で長持ち♪洗い方やカビの対処法も

b42

秋冬はおしゃれが楽しい季節♪

重ね着や、マフラー・ストールなどの巻き物、コートやジャケットなどなど、秋冬ならではのオシャレが大好きな私。

そして、足元に欠かせないのがブーツ!

なかでも「スエードブーツ」は毎年の定番★

秋冬らしい素材感と柔らかさが魅力のスエードブーツは、どこのお宅にも1つは存在するのではないでしょうか。

そんな人気のスエードブーツですが、汚れや臭い、カビなんかに困ったことはありませんか?

お気に入りのモノだと尚更です。

ここでは、スエードブーツを長く愛用する為に欠かせないお手入れについて、日々のお手入れから、かなり汚れた時の洗い方カビの対処法なども紹介していきますね。

Sponsored Links




スエードブーツの正しいお手入れ方法とは!

さて、そのスエードブーツ、日々のお手入れはどうしていますか?

特別何もしていないというあなた、もしそのブーツが汚れていない・カビていないという方は、それは単なるラッキー(笑)。

ですが、たとえ目には見えていなくても、実は汚れや湿気で傷んでいるんです・・・。

そう、いつカビてもおかしくない状況はそろっているのです!!

523566

カビてしまってからでは大変。

おしゃれを気持ちよく楽しむためにも、少しの手間をかけてしっかりとお手入れをしておきましょう!

ということで、スエードブーツの日々のお手入れについて説明していきます。

 

まずは、汚れを落とす

スエードの特徴でもある、小さな起毛の中に汚れは入り込みます。

目には見えていなくても、「履いたあとには汚れを落とす」ことを習慣にできるといいですね。

そのときに使うブラシは、スエード専用のブラシをおすすめします。

500円程度からでも購入できるので、ぜひ活用してくださいね。

 

軽い汚れ・部分的な汚れを見つけたときはクリーナー

ブラッシングしながらブーツをチェックします。

その時に、軽い汚れや部分的な汚れを見つけたときは、グッズの力を借りて早めに対処しましょう。

便利に使えるのが、消しゴムタイプのクリーナー。

汚れ部分を軽くこするだけなのでとっても簡単です。

 

全体的に広がる薄汚れのときには「コロニルソフトクリーナー」

全体的な薄汚れのときには、さらにもうひと手間。

この「コロニルソフトクリーナー」は、クリーニングのお助けアイテム。

スエードや布素材に浸透して汚れを分解、そして素材の色を活性化してくれる効果もある、一石二鳥の便利アイテム!

1つ持っておくと、いざという時に助かりますよ♪

Sponsored Links




スエードブーツの洗い方!

お手入れじゃ物足りない!というあなたの最終手段はブーツを丸洗いすること。

薄い汚れでも、部分的な汚れでもなく、結構ガッツリ汚れてしまった場合や、臭いが気になり始めたら、スッキリと丸洗いしたくなりますよね。

でも、スニーカーとは違って、気軽にジャブジャブッ!ってわけにもいきません。

一番いいのはプロの腕におまかせすることですが、経費がかかり過ぎる。。。

ということで、自分で洗いたいなぁ~と思ってしまいますよね。

 

そこで、今回紹介するのは、革の専用洗剤「革るん」での丸洗いです。

革製品を普通の洗剤で洗ってしまうと、かなりの確立で失敗します。(経験あり・・泣)

それくらい慎重にならないといけないということです。

ですので、革製品のお洗濯には専用洗剤が必須!

いくつかありますが、個人的にはこれが一番使いやすいと感じました。

 

洗い方はこの画像が紹介してくれています。

※1分少々の短い動画です。

 

 

スエードブーツにカビが!対処法は?

お気に入りのブーツにカビ!ショックですよね・・・。

自分でのお手入れをする場合には、上の「洗い方」でもお話ししましたが、洗剤や道具ともに必ず「専用」のものを選んで使うことが大事です。

597811

専用の洗剤(上で紹介した「革るん」でも可)をブラシにとり、カビの部分をやさしくくるくるとこすります。

すると泡がでてくるので、その泡を水洗いしたブラシできれいに取り除きます。

最後にクロスできれいにふき取って、乾かしたら完了です。

 

クリーニングした後には、必ず専用の栄養スプレーで保護することも忘れないようにしましょう。

 

さいごに

お気に入りのブーツを、大切に長く履くためにも日々のお手入れは大切です。

トラブルのもとは「雑菌と湿気」

お手入れの最後には、ブーツの中に消臭除菌スプレーをし、風通しのいい場所でしっかり乾燥させてから直しましょう。

スエードは水にも弱い素材です。

初めて履くときは特に、防水スプレーをして予防をすることも大事ですね。

せっかく手にしたお気に入り、少しの手間をかけて大切に長く履いてあげてください(*^^)v

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ