鏡餅の裏白(ウラジロ)正しい飾り方!葉っぱの意味と裏表についても

505

お正月のお飾りの定番、鏡餅

新しい1年を幸せに過ごすことへの祈りと、無事に1年を過ごすことができた感謝の気持ちをこめて神さまにお供えする代表的な正月飾りです。

 

お餅と一緒にお供えするのは、橙(みかん)・こんぶ・裏白(うらじろ)などなど。

ん?裏白(うらじろ)ってご存知でしょうか?

お餅の下に敷いてある緑の葉っぱのことですね。

いつも鏡餅を飾る時に悩むんですよね。

この葉っぱ(うらじろ)はどこに挟むんだっけ?と。

ということで、ここでは鏡餅の裏白の飾り方、また裏白を飾る意味や正しい向きも紹介します。

今年は迷わずにバッチリ正しく飾ってくださいね。

Sponsored Links




 

鏡餅の裏白にはこういう意味がある!

裏白(うらじろ)とはシダの葉のことで、葉の裏が白いことからその名のとおり『うらじろ』と呼ばれています。

日本では、古くから白い色を『清め』の象徴だと考えられており、よって今でも神事などでは白い色が多用されています。

このことからも、まさに神さまにお供えする鏡餅を飾るのにぴったりの植物なんですね。

5d5

そして、他にもまだまだいくつもの意味がこめられているんです。

裏白は、左右の葉が対になっていることから夫婦円満の象徴だとも言われています。

また、古い葉と新しい葉が一緒に成長するシダの葉の特徴から、末永く繁栄するようにとの願いも込められているんです。

 

さらに、葉の表が緑で裏が白いことから、心に裏表がない清廉潔白(せいれんけっぱく)を表しているとも言われているようです。

習慣でなんとはなしに飾っていた緑の葉っぱも、こうして意味を知るとより特別なものに思えてきますよね。

祈りや願いがつまった、とても縁起のいいものなのです。

 

Sponsored Links




 

鏡餅の裏白の飾り方!正しい向きは?裏表どっち?

色んな祈りや願いを込めた裏白。

さて、どのように飾るのが正解なのでしょう。

098312

三方(さんぽう)と呼ばれる台座の上に紙を敷き、その上に2段に重ねたお餅を乗せます。

その台座に敷いた紙とお餅の間に裏白を飾ります。

この時に気をつけたいのが、必ず葉の白いほうを上にして飾ること。

これは、裏を返しても心は白いという清廉潔白を象徴しているものなのでぜひ間違えないで飾りたいところです。

そして、葉はできるだけ対になるように、バランスよく飾ることも大切です。

これも夫婦円満を表す大切なポイントですので注意して飾ってみましょう。

 

Sponsored Links

鏡餅の飾り方(全体像)を解説します!

では最後に、鏡餅(全体像)の基本的な飾り方をお話しします。

日本中で飾られている鏡餅ですが、実は地域の風習の違いや時代の移り変わりとともに、今ではいろんな違いがあることも事実なのです。

正式な飾り方は、白木の三方(台座)の上に四方紅と呼ばれる赤で縁取りをされた紅白の紙を敷き、その上に裏白と2段に重ねた白い丸餅を置きます。

そして、橙・こんぶなどの縁起ものの海の幸や山の幸を飾ります。

これがもっとも一般的な飾り方です。

109553

ですが、現代のご自宅で飾るには基本をおさえておけばこの通りでなくても大丈夫でしょう。

簡単な説明だとこうなります。

  1. 台座の上に紙を敷く
  2. 裏白を、上が白い葉の向きで、できるだけ左右対称に飾る
  3. 2段にかさねたお餅を置く
  4. その上に橙(みかん)を飾る

 

この基本に、あとは地域の風習や用意できるものを、心をこめてお供えしてください。

 

さいごに

古くから伝わる風習には、いろんな意味や願いが込められていてステキですよね。

現代の暮らしではなかなか完璧に揃えるのは難しいところもありますが、ぜひ正しい意味を理解したうえで、私たちのできる範囲で大切に続けていきたいものですね。

あなたの中で、「鏡餅の葉っぱ」という位置づけから、なんとなく裏白(うらじろ)への意識(思い)が高まったのではないでしょうか(笑)。

 

Sponsored Links

2 Responses to “鏡餅の裏白(ウラジロ)正しい飾り方!葉っぱの意味と裏表についても”

  1. けんちゃん先生 より:

    ウラジロはシダの仲間です。
    お正月飾りには欠かせませんね!腹は白いですよという事のみ誇張されていますが、もっと大切な事が隠されているのです。
    ウラジロは常緑性の大型多年生草本植物です。一つの新芽が伸びて、何年成長するかご存知ですか。
    今確認されているだけでも14、5年成長し続ける個体もあります。
    一説には無限大に成長すると言われています。葉身は葉柄の上端で左右の2羽に分かれ上面は艶がある緑色、裏面は白く落ちやすい星状毛がある。日本ではせいぜい4、5年ですがね!でも4、5代ですよ。
    これでお分かりかと思いますが植物学的に考えますと落ちやすい裏という事は腹が白いと主張するのは即ち、すぐ化けの皮がはげるという事、新芽を押さえつけて成長を妨げる行為であるということも子孫繁栄の意味からもどんなものかと考えます。
    その上に一つの新芽の成長が毎年一段ずつ伸び続けるという事は全部でひと家族ですよという事です。
    これでも選択肢は自由ですが裏が白いからウラジロの名前が付いただけであるというウラジロを裏返し飾りますか?
    こんな風になったのはいつの時代でしょうかね。

  2. けんちゃんせんせい より:

    8,伝統文化いけばなから見る正月の飾り(ウラジロ編)
    ◎ウラジロは多年生のシダ植物である。
    名前の由来は葉の裏が白いからで、正月の注連飾りや鏡餅の飾りとしてお馴染みであります。
    分布は関東以西から西南諸島までのいわゆる照葉樹林帯が主であり、東北地方には分布がありません。
    もともと餅そのものも南方系のイモを食べる文化と関連があるらしいので、正月とウラジロはやはり南からの、照葉樹林文化圏の習慣であることになる。 
    コシダとよく似た場所に生育するが、ウラジロはより湿潤地を好み、北斜面や谷筋に多い。群落の土壌は常に湿っていることが多く、わき水があることもある。
     ウラジロの葉柄は長く伸び、その先端から毎年2枚の葉を付ける。数年間は葉が生きているので、「おじいちゃん・おばあちゃん」の間から茎が出て「お父さんとお母さん」の2枚の葉があり、さらにその間から新しい「若夫婦」の2枚の葉が出ていると言う形です。
    それぞれ裏が白いので、夫婦共白髪まで長生きしますようにという、縁起物である。
    腹は白いですよということのみ誇張されています、もっと大切な事が隠されているのです。
    ひとつの新芽が伸びて、何年成長するかご存知か?
    今確認されているだけでも14、5年成長し続けている個体もあります。日本では3、4年ですが
    一説には無限大であると言われています。
    葉身は葉柄の上端で左右の2羽に分かれてて、表面はツヤがある緑色、裏面は落ちやすい星状毛に覆われて白く見えている。(すぐ化けの皮が剥げる)その上最初の未生から一段伸び、次の年も中心の新芽から一段伸び次、毎年成長し続きます。これ全部で一枚の葉なのです。一つの大家族が離れる事なく永遠に繋がっているわけです。
    この事からその1、健康でありますように(冬でも青々と元気である。)その2、共白髪まで。(奥ゆかしく)。その3、2羽に離れる事のない夫婦の絆。その4子孫繁栄-上記のごとく。その5、家族愛、全部で1枚の葉で全員が生きている。こんなにたくさんのご利益を戴けるものは他にありますか?いつの時代から裏返して飾るようになったのでしょうか?

    家族愛の象徴です。
    大覚寺の華務長も日面を上にかざっておられました。

    いつの時代から裏返して飾り出したのでしょうか? ご存知の方はご教示お願い致します。
    私の推測ですが過去を捨てた明治維新ではないかと思っています。
    現在、あなたのご家庭ではお正月に飾る「ウラジロ」をどちらを上にして飾ってお祭りされていますか?表ですか?裏ですか?
    橋本住職さんはどちら組ですか?
    これは宗派やご家庭の主張によるものですのでどちらにしなければならないかは其々におまかせします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ