2017 (平成29)年度の祝日カレンダー!連休少ないって本当?

e2

新しい年のカレンダーやスケジュール帳を開いて、まず最初にチェックするのは連休

そんな方も多いのでは?

有休休暇の取得率が少ない日本にとって、祝日と連動した連休は大きな楽しみの一つですよね。

ゴールデンウイークは何連休になるのかな?

定番になりつつあるシルバーウイークは連休になるのかな?

などなど、土日とは違った楽しみが『祝日』という文字からも連想されます。

 

2016年は『山の日』も登場し、祝日が16日になり、3連休以上(土曜日含む)も9回ありました。

さて、2017(平成29)年度の祝日カレンダーはどうなっているのでしょうか。

しっかりまとめてみましたよ(*^^)v

Sponsored Links




2017年祝日カレンダー!一覧で

まずは、2017年の祝日をチェック☆

元日1月1日(日)
成人の日1月9日(月)
建国記念の日2月11日(土)
春分の日3月20日(月)
昭和の日4月29日(土)
憲法記念日5月3日(水)
みどりの日5月4日(木)
子供の日5月5日(金)
海の日
7月17日(月)
山の日8月11日(金)
敬老の日9月18日(月)
秋分の日9月23日(土)
体育の日10月9日(月)
文化の日11月3日(金)
勤労感謝の日11月23日(木)
天皇誕生日12月23日(土)

 

と、祝日を確認したところで、次は肝心な連休チェックをしていきましょう♪

 

2017年(平成29)連休一覧【3連休以上】

ここでは、土曜日をお休みと想定した場合の3日以上の連休をピックアップしています。

ですので、土曜日がお休みでない方は3連休以上にならない場合がほとんどです。

あしからず<(_ _)>

  • (2016年12月31日土曜)、1月1日(日)、2日(月)
  • 1月7日(土)、8日(日)、9日(月)
  • 3月18日(土)、19日(日)、20日(月)
  • 5月3日(水)、4日(木)、5日(金)、6日(土)、7日(日)
  • 7月15日(土)、16日(日)、17日(月)
  • 8月11日(金)、12日(土)、13日(日)
  • 9月16日(土)、17日(日)、18日(月)
  • 10月7日(土)、8日(日)、9日(月)
  • 11月3日(金)、4日(土)、5日(日)

 

ということで、土曜日を含む3連休以上は、2016年と同様9回あります。

また、2017年のゴールデンウイークは、土日とつながるため5連休になりますね♪

連休の回数も2016年と同じで、ゴールデンウイークの日数も多いということがわかりました。

 

が、

 

なにかお気づきではないですか?

次の章へ続く・・・

Sponsored Links




2017年の祝日 例年より少ない?

敏感な方はすでに察知しておられると思いますが、実は、2017年は、土曜日と被っている祝日が4日もあります。

350939

  • 2月11日
  • 4月29日
  • 9月23日
  • 12月23日

これによって、16日ある祝日が、実質は12日になってしまいます。

なんだか、ちょっと損をした気分になってしまうのは、私だけでしょうか。

 

ただし、この見方は、土曜日も会社や学校が休みという人の目線に立っての見方になります。

企業によっては、公休日は日曜日と祝日というところも多いですから、土曜日が出勤日になっている会社勤めの人から見ると関係ないですね(;’∀’)

 

さいごに

2015年のカレンダーをもとにした、世界の祝日ランキングをみると、日本の年間15日は全世界で3位にランクインしています。

ちなみに、1位はコロンビアの18日間、2位は16日間のレバノンと韓国です。

ということは、先進国と言われる国の中では、もっとも祝日が多いといえます。

ちょっと意外じゃないですか?

日本はお休みが少ないと言われていますから。

これは、諸外国は祝日は少ないけれど、サマーバケーションやクリスマス休暇など、まとまったお休みがありますからね。

有給休暇も当然のように消化する文化ですし。

そういう意味では、祝日の多い日本も、休日の日数で考えるとまだまだ少ないのでしょうね。

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ