紫外線で首がかゆい!ブツブツも!これって湿疹?対策&ケア方法も

日差しの強い日に庭の草ぬきをしている、とついつい夢中になって数時間続けて頑張っていました。

気づいたら首にぶつぶつが!

毛虫の毛でも着いたのかな…と思っていたら、実はそれは紫外線の仕業だったのです。

紫外線で首がかゆくなる?!

紫外線で首にブツブツが出来る?!

想定していなかったので驚きでした。

今回は、そんな紫外線による首のかゆみやブツブツ(湿疹)について、そんな症状が出る理由や、対策・ケア方法も併せてまとめてみました。

紫外線をあなどるなかれ!

Sponsored Links




紫外線で首がかゆい!ぶつぶつも!湿疹?

顔にはしっかり日焼け止めを塗っていても、首の後ろやデコルテ部分にまで気を使っている人は結構少ないのではないでしょうか。

で・す・が、

実は、首の後ろやデコルテ部分は、顔の頬の約2.6倍も紫外線を受けているというデータが出ています★

そりゃ何らかの症状が出て当然ですよね。

では、肌に良くないとされる紫外線を多く浴びることで、どんな症状が出るのかというと・・・

  • かゆくなる
  • 赤くなる
  • 湿疹が出る
  • 水疱ができる

このような症状が出てきたら「紫外線アレルギー」の可能性があります。

日光アレルギー、日光過敏症ともいわれます。

 

紫外線アレルギーはどういうメカニズムで起こるのか!

ハウスダストや花粉など、アレルギー症状を起こす原因となるものをアレルゲンと呼び、私たちはそんなアレルゲンに対して、抗体を作ることで身体を守ろうとしています。

当然、紫外線に対しても、私たちは抗体を作り身体を守ろうとしますが、抗体の限界を超えてしまうことでアレルギー症状が出てしまうのです。

また、光毒性のある成分が含まれた化粧品の使用時、光毒性のある薬の服用時に紫外線を浴びることで、紫外線アレルギーを起こすことがあるとも言われています。

(光毒性:紫外線に反応する性質のこと)

 

紫外線から首を守る!どんな対策がある?

首を守る対策として、残念ながら王道と言えるような対策しかありませんが、一応紹介しておきます。

日焼け止めを塗る

SPF・PA指数の高いものウォータープルーフのものを選び、首・デコルテ部分にもしっかりと塗りましょう。

汗をかき、タオルで拭くことで日焼け止めは落ちてしまいますので、長時間の場合はこまめに塗ることが大切です。

 

スカーフをする

UVカットのスカーフを選ぶと良いでしょう。

暑い時にスカーフ・・・と思ってしまいがちですが、露出部分を減らすことは大切です。

紫外線に直撃されているよりも、スカーフを巻いている方が涼しく感じるということもありますよ。

 

日傘をさす

色は黒っぽいものを選びましょう。

最近では紫外線を100%防ぐ日傘も販売されています。

 

日陰を歩く

ずっと日陰を・・というのは無理がありますが、屋根のあるところ、木陰を意識して歩くだけでも、紫外線を十分にカットすることができます。

Sponsored Links




紫外線をあびた首のケア方法は?

首に激しいかゆみ、湿疹が出た場合には、速やかに皮膚科へ行くことをオススメしますが、そこまでではない場合、以下の方法を試してみてください。

冷やす

水のシャワーを浴びたり、濡れタオルやタオルに包んだ保冷パックを優しく首にあてることで、まずは火照りを緩和させましょう。

ただし、保冷パックを直接肌に押し当てるのはNGです。

逆に肌に負担が掛かります。

 

保湿をする

保湿成分の高いクリームを塗りましょう。

できれば薬用のものが良いでしょう。

 

水分を多めに摂る

身体の細胞にはやはり水分が必要です。

水分を取って、内側からの潤いを取り戻しましょう。

 

ビタミンCを摂る

抗酸化作用・免疫力を高めるにはビタミンCが有効です。

 

さいごに

「首、手の甲を見れば年齢が分かる!」と自信満々に言う私の主人。

顔は化粧をすることでシミやシワを目立たなくすることができますが、首はごまかしがききませんよね。

紫外線を多く浴びることで上で紹介したような症状が出るのですが、それが治まったら終わりということではなく、怖いのはその悪影響は蓄積されていくということ。

数年後にシミが出来てしまうということも十分に考えれます。

顔だけでなく、首やデコルテなども・・となると、対策をするのには少々面倒ではありますが、やはり数年後・数十年後の自分の為にも、今から対策をキッチリとしていきたいものです。

今回の首のブツブツで、私は猛烈に反省しましたので(笑)

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ