紫外線で唇が荒れる?!その理由&対策とケア方法でモテ唇に大変身!

紫外線は目に見えませんが、春夏秋冬、毎日降り注いでいます。

肌ばかりを気にする傾向にありますが、実は唇も紫外線の影響を大きく受けているんですね。

唇って顔の中でも結構重要なパーツではないですか?

人と話をする時にカサカサの唇をしていると、ちょっとケア不足な人だななんて思われてしまいそう。

女子力も疑われてしまいますよね(;’∀’)

ここでは、紫外線で唇が荒れるのかどうか紫外線の唇への影響と、対策やケア方法もまとめてみました。

潤いたっぷりのモテ唇を目指していきましょう♪

Sponsored Links




紫外線で唇が荒れる?その理由は?

顔にしっかりと日焼け止めを塗っても、唇は無防備…なんてことありますよね。

顔の日焼けを予防するように、唇もしっかりと日焼け予防をしてあげないといけません。

気づいていないだけで、唇も肌以上に紫外線の影響をしっかりと受けてしまっているのです。

どうして唇が紫外線のダメージを受けやすいのか。

その理由を以下にまとめてみます。

 

皮膚が薄い

触って分かるように、頬などの皮膚に比べとても薄いですよね

 

メラノサイトが少ない

メラノサイトは、紫外線が皮膚の深層まで入り込むのを防ぐメラニンを生成する細胞です。

この細胞は唇に少なく、紫外線の影響をすぐに受けてしまうのです。

 

皮脂腺がない

唇の皮膚は皮脂が分泌されません。

と、いうことは皮脂膜が作れないということ。

そのため、皮膚の水分が蒸発しやすく、すぐに乾燥してしまいます。

 

紫外線によるダメージで唇はどうなる?

  • 痛みが出る
  • カサカサしている
  • 皮膚がむける
  • 水ぶくれができる

 

こうなる前に対策しなければ!

 

紫外線から唇を保護!どんな対策がある?

日傘や帽子を使うのは当然のこととして、唇を保護するにはやはり!UVカットのリップクリームを塗ることです。

それには、以下の条件をクリアしているものがオススメです。

  • SPF15以上
  • PA+以上

リップクリームをこまめに使用することで、唇にバリアを作ってあげましょう。

口紅を塗っているから大丈夫?

いえいえ、口紅の油分が酸化すると紫外線を透過させてしまいます。

口紅を塗る前に、リップクリームを下地に塗りましょう。

口紅のノリも良くなり、唇を守ることができる!

まさに一石二鳥です♪

 

これは絶対NG!

無精者の友人は、日焼け用クリームをなんと!唇に塗ったことがあります。

その結果、ガッサガサに荒れて、口の端が少し切れてしまったことが・・・。

使い方を誤れば毒になりますので、面倒でも専用のものを使いましょうね。

Sponsored Links




紫外線をあびた唇のケア方法は?

【紫外線を浴びる=日焼け】ですので、まずは保湿が肝心になります。

医薬部外品ではなく、第3類医薬品の保湿用リップクリームを使用しましょう。

例えば、メンソレータム メディカルリップなど。

皮膚の新陳代謝を促すビタミンB6配合。

唇に塗る時は、横に塗るのではなく、シワをなぞるように縦に塗りましょう

 

やさしく唇をパック

顔にパックをするように唇にもパックをしてみるのもオススメです。

  1. 蒸しタオルで唇を温めます。(数分)
  2. オリーブオイルを唇に塗ります。
  3. ハチミツをそっとのせます。
  4. ラップで唇を覆います。
  5. 10分ほどでラップを外す。
  6. 唇を優しく拭く。ゴシゴシしてはいけません!

オリーブオイルの代わりにワセリンでもOKですよ。

 

さいごに

面積の広い、額や頬の日焼けには気づきやすいのですが、唇の日焼けは見落としがちです。

荒れてしまってから気づくことになってしまいます。

日頃からまめにケアすることで、プルプル唇を手に入れてくださいね。

石原さとみさんの様な素敵な唇を目指せるかもしれませんから♪

やらなきゃもったいないですよ!!

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ