又兵衛桜(奈良)の見ごろ時期はいつ頃?黒田官兵衛との関係やアクセス情報も

桜の名所といえば桜並木を想像しますが、奈良県にある「又兵衛桜」は、樹齢推定300年、樹高13m、幹周は3mを超える、たった1本のしだれ桜です。

ですが、このたった1本がスゴイんです!!

2000年のNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』のオープニング映像で使用されて以来、たくさんの観光客が足を運ぶようになりました。

ここでは、その又兵衛桜の見ごろ時期由来、現地へのアクセス、駐車場情報などを奈良県民のワタクシがご紹介しましょう♪

Sponsored Links




又兵衛桜(奈良)の見頃はいつごろ?

又兵衛桜は、4月上旬から中旬頃が見頃になります。

普段は静かな本郷が、桜の見頃の時期になるとおよそ8万もの人で賑わいます。

私もこの時期にはいつも鑑賞に行きますが、ほんとのほんとの田舎の村なんです。

なのに、ここだけが大混雑。

休日なら尚更です。

たった1本のしだれ桜ですよ。

なのに、これだけの人を惹き付ける魅力!

美しい中にも、たくましさと迫力を感じることができる1本の桜。

本当に素晴らしくてオススメです♪

 

又兵衛桜の由来!黒田官兵衛・後藤又兵衛との関係は?

大坂の陣で活躍した戦国武将、後藤又兵衛が、豊臣家滅亡の後、この地に来て再興を願いながら僧侶として一生を終えました。

その屋敷跡地に生えているため「又兵衛桜」と呼ばれるようになりました。

歴史好きの方であれば、後藤又兵衛という名前は、大坂の陣以前でもご存知のはず。

2014年NHK大河ドラマの『軍師官兵衛』にも、後藤又兵衛は登場しています。

最初は、黒田家の家臣でしたが、黒田官兵衛荒木村重(むらしげ)に幽閉(ゆうへい)された際、又兵衛の伯父は黒田家に反旗を翻(ひるがえ)し、又兵衛も伯父と行動を共にしたため、黒田家から一族追放となりました。

その後、豊臣秀吉による九州平定(1586年)では、再び、黒田家の家臣として活躍をしています。

しかし、官兵衛死後、他国の武将と頻繁に書状のやり取りをしていたため、一家揃って黒田家を出て行方をくらまし、以降、帰参(きさん)することはありませんでした。

Sponsored Links




又兵衛桜へのアクセスと駐車場情報

又兵衛桜の場所は、奈良県宇陀市大宇陀本郷

アクセス

(公共交通機関の場合)

近鉄大阪線榛原駅下車。

奈良交通バス「大宇陀」行きに乗り(およそ17分)、終点の大宇陀高校下車。

20分ほど歩きます。

バスの便は、1時間に2~3本ですが、時間帯によってはゼロの場合もあります。

予め調べてお出掛けください!

 

(車の場合)
  • 大阪・名古屋方面から

名阪国道(針IC)から国道369号線→市道→国道370号線を経由して、国道166号線大宇陀向かいます。

166号線に入れば、各所に又兵衛桜への案内板があります。

針ICからおよそ40分ほどで到着します。

 

  • 三重(津)方面から

国道165号線→国道375号線を経由して、国道166号線大宇陀向かいます。

166号線に入れば、各所に、又兵衛桜への案内板があります。

 

桜が見頃の時期には、訪れる人も多く、土日は一部で交通規制が敷かれる場合もあります。

休日の場合は、渋滞覚悟で出掛けられる方がいいでしょう。

時間に余裕を持っておいてくださいね。

 

駐車場

周辺におよそ500台収納可能な民間の駐車場があります。

料金は、普通車で500円からとなっています。

 

その他

又兵衛桜の見学は無料ですが、任意で、維持管理協力金(寄付金)100円。

又兵衛桜の存続のために、ご協力いただけると、奈良県民として嬉しいです(..◜ᴗ◝..)

また、近辺にほんの少しですが屋台が出ていることもあります。(特に土日)

 

さいごに

又兵衛桜の手前には菜の花が、後方には桃の木が植えられています。

この又兵衛桜が咲く頃、菜の花、桜、桃の花が咲き重なり、いつもの花見とは違う趣で、桜を楽しむことができますよ♪

今年の花見は、歴史と風景を感じながら、1本の桜の木を眺めてみませんか。

いろんな思いが巡ってくるはずです。

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ